読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料で読める漫画ネタバレと考察ブログ

無料で連載している漫画のネタバレや感想、考察などするブログです。

「誰が賢者を殺したのか?」第24話ネタバレ、この展開は面白いのか?

「誰が賢者を殺したか?」についての説明

 

shonenjumpplus.com

「誰が賢者を殺したか?」は原作を奈々本篠介先生/作画を三雲ネリが担当し、第一回「少年ジャンプ+連載グランプリ」を勝ち抜きグランプリ受賞をし2017年7月21日より連載がはじまりました。近未来ミステリーをテーマにしているだけあって話はとても難解です。

 ミステリーものでネタにされ作品は自分は「ポートピア連続殺人事件」の犯人ヤスしか思い打つかない古い人間なので、ほとんどのミステリー作品を読んでも最初の相棒だろうと思ってしまいます。今回はハンドルネーム「盗賊のゾロ」が犯人だと思って読んでいたのですが、どうやら違うようです、ミスリードだと思いたいのですが。ゾロは死んでしまいました。

「誰が賢者を殺したか?」簡単なあらすじ

 

f:id:netabarejunp:20170316215131p:plain

 舞台は近未来の世界、数十年前にDNAのデバイス化という超発明によりネットの社会に大革命が起きました。DNAのデバイス化はコンピュータを介さずに人間の五感を完全にAR(拡張現実)とつなげることを可能とし、現実の世界とARの世界をリアルタイムでつなげ世界を多重構造世界へと変えていた。

 そんな世界で、少女が父の死を悲しむ場面から物語りは始まります。その少女の名はノエル、そして亡くなった彼女の父こそ、「賢者」ダーゲンハイムだったのです。

 かつて、この世界を混沌の渦へ変えようとした凄腕のハッカー「魔王」が現れました、そんな魔王を抑え込んだのが「勇者アレン」率いるパーティー「魔法使いクラリッサ」「剣士ドン・キホーテ」「賢者ダーゲンハイム」「吟遊詩人オロロ」「僧侶フランガム」「弓手メリールウ」「盗賊ゾロ」の勇者一行だったのです

 そのひとり「賢者」が殺されたことからその娘であるノエルは、FBIと共に父の死の真相を探す旅へ出るのでした。

「誰が賢者を殺したか?」第24話ネタバレ 

これまでの簡単な説明

これまでの重要事件まとめ(順番順)

①剣士ドン・キホーテの殺人未遂

②賢者ダーゲンハイムの殺人

③盗賊ゾロの殺人

④①の殺人未遂犯バナーの殺人

⑤一緒に捜査をしていたFBI員藤村・マルコの殺人

⑥剣士ドン・キホーテの殺人

 

これまでの捜査でわかったことまとめ

被害者と加害者ともに魔王事件の関係者である。

魔王の意志を継ぐもの=「継ぐ者たち」がいる。

「継ぐ者たち」は「まことの英雄」を崇めている信望者(自らの命を投げ出すことも厭わない者)

 

これまでの謎や伏線まとめ

10話で⑤の犯行のときマルコが犯人らしきひとと会話しているが、マルコの知人っぽい描写がある=つまり10話までにこの犯行の犯人は登場している可能が高い。

11話で FBIの仲間レッドは裏切り者。

14話ではFBIの裏切り者と犯人の会話から勇者パーティーはあと6人残っているのに、「あと四人」と意味深な台詞を使う。

17話で、ゾロとバナーの会話から「まことの英雄」はゾロのことを、パーティー内でしか知らない「リトル・ゾロ」というあだ名を知っている。

19話魔王はすでに死んでいる。

 

以上の伏線から犯人はパーティー一行の中にいると物語り上では推理されています。

でも、まだ、私は諦めません。

ゾロでしょ、生きてるんでしょ?信じてます犯人はヤスですよね?

「誰が賢者を殺したか?」第24話ネタバレ

 勇者を含むパーティーが揃い、それぞれの得意な分野を生かし犯人に繋がる情報を見つけます。

 

 ⑤藤村・マルコを殺した実行犯を調べてて見つかった情報が内閣官房庁長官・古東が関わっているかもしれないということだった。

 

 場面は古東が帽子を手作りしながら、事情聴取を受けるところからはじまります。もちろん状況証拠だけでは古東を犯人に断定することはできないし、その証拠も封筒の中に古東の皮膚組織が入っていただけというものでした。捜査官の鈴原は「この封筒は犯人が仕掛けた罠である、それが我々の見解です」と古東に伝え、継ぐ者たちがこの国に思っていた以上に深部まで侵入していることを伝え危機感を煽ってほしいと伝えるだけであった。

 

 鈴原は、外へ出てノエルと合流しますが、ノエルは「で、犯人捕まえた?」と聞きますが、鈴原は古東は犯人ではないと伝えます、それを聞いて不満げにノエルはビルを見上げるのでした。古東は逆にビルの窓からそのノエルを見つめるのであった。場面は夜の古東宅へ変わります。

 

 古東は、先ほどの帽子を完成させて椅子に座わったマネキンにかぶせます。するとあたりはノエルの写真で埋め尽くされ、マネキンもノエルと同じ服、同じ格好をしていてノエルそっくりにし、そのマネキンを抱きかかえ椅子に座りながら、「私も愛しているよノエル」・・・

 

「誰が賢者を殺したか?」第24話感想

 

 えーーーーーーーーーーーーーーーーーー、そんな展開ありかよ。びっくりした。本当にびっくりした。真面目に謎解き期待してたら度肝抜かれた、AR(拡張現実)が発展してるのにまさかの手作りって、周りの写真もARっぽくないしARあるんだからあんな危ない人はARじゃ、少年誌じゃ連載できないレベルでしょ。

 基本は謎解きですので、この回もいい意味で伏線なのでしょうか?、自分は話題作りりの為の変態登場だと考えてしまいますが、面白かったので、こんな話もたまにはいいかもしれませんね。次回以降の変態の活躍に期待!!

 

「誰が賢者を殺したか?」第25話のネタバレはこちら

 

netabarejunp.hatenablog.com