読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料で読める漫画ネタバレと考察ブログ

無料で連載している漫画のネタバレや感想、考察などするブログです。

大好評「終極エンゲージ」第2話ネタバレ感想。今回は説明回だね!

「終極エンゲージ」登場人物紹介

f:id:netabarejunp:20170319094936p:plain

クリシュナ=ユガ(クリス):第14代地球王後継者、女王決定戦の優勝者と結婚し最強の遺伝子を残す宿命を背負う。しかし、最強女性は自分の遺伝子を持つクローンではないのかという持論をもっている。

f:id:netabarejunp:20170319094955p:plain

ミムラ・クラーリオ:生物学博士、クリスの幼馴染で11歳にして大学に飛び級で受かる天才。

 

f:id:netabarejunp:20170319094958p:plain

カルキ:10代の頃のクリスによって育成されてきたクリスのクローンの女の子。現在格闘の仮想訓練や、王族のしきたりなどを培養液のなかで特訓中。

f:id:netabarejunp:20170314224853p:plain

ディアナ=ユガ:13代地球王妃、前回女王決定戦の優勝者でクリスのお母さん。性格はちょっとキツめ。

 

「終極エンゲージ」第1話のネタバレあらすじ

 第1話は過去編、クリスの父=ルス・ユガが王位を継承するまでの話が語られます。代々地球の王様は「宇宙の卵」と言われる加護を受けていて全宇宙で最も強い存在でした。そんな王様には16歳になったら、地球で開かれる女王決定戦で宇宙一強い女性を決めて、その女性と結婚するしきたりがありました。

 ルスは、このような愛のない政略結婚に疑問をいただいていましたが。ナヴァ星代表の女性=キーア・シュトルメに出会い美しい彼女に恋をします。そんな可愛らしいキーアが妃になってくれたのならと結婚に前向きになるのでした。

 ナヴァ星代表のキーアとガルマイア星代表のディアナ、両惑星優勝候補と称される一回戦が始まります。もちろんルスはキーアを応援します。キーアも善戦しディアナを追い詰め勝利したかと思った瞬間、ディアナがキーアの隙をつきキーアは殺されてしまいました。

 ルスは恋心を抱いていたキーアの死に激昂し大会を壊そうとしますが、ルスの父=ダイバ・ユガに気絶させられます。ルスが気が着いた時には大会はキーアを殺したディアナが優勝していました。

 20年後、老人のようになってしまったルスが息子にクリスにそんな昔話をしています。クリスはそんな父親が不甲斐ないと考え、また母親のディアナはガルマイア星の連覇を目論むのでした。

 クリスは自分はそんな父のように妃を待つだけの存在ではないとある研究施設に向かいます。そこで待っていたのは培養液に浸っている女性がいました。

 クリスは自分が最強の遺伝子をもつ最強の存在なのだから、その遺伝子を持つクローンを女性で作ったら自分に見合う最強の花嫁になるのではないかと考えていたのでした。

 

「終極エンゲージ」第2話ネタバレ

 場面はクリスとカルキが戦闘の仮想訓練を行っているところか始まります。その研究施設では生物博士のミムラがデータの収集を手伝っていました。

 

 ミムラはクリスに、よく自分のクローンと結婚するなんて思いつくなと皮肉を言いながら、5年前にクリスにこの研究を手伝ってもらうに至った経緯を思い出します。

 

 『宇宙の卵』は手にしたものを絶対無敵にする秘宝で、それを手にしたのが地球の初代地球王だったこと、初代のきまぐれで、女王決定戦が決まったこと、それにより宇宙は戦国時代のような争いがなくなったこと説明。

 それから、子供の頃のクリスとミムラが最強の女性について語ります。クリスは最強はなにが重要なのかという考えに遺伝子が重要だという持論を語り、最強の遺伝子を持つのは自分なのだから、その遺伝子を持つ女性を作ればいいんだよとミムラに話します。そして、クリスはすでに培養をはじめた自分のクローンを見せてミムラに手伝って欲しいと頼むのでした。

 

 場面は戻り、戦闘訓練を終えカルキはクリスの動画をみながら王族の暮らしを学ぶ学習モードへ。女王に会う時間なりクリスは後をミムラに任せて研究施設を離れます。

 

 ディアナ女王へ会うクリス、しかしディアナ女王はあまり乗り気ではない様子、ふと過去の一瞬の回想で6年前に突如大剣をディアナへ向けるクリスが。そう、ディアナにとってクリスはなにをするか分からない危険な存在だったです。

 

 クリスは「母上にお願いがあってまいりました」といって次回へ。

 

「終極のエンゲージ」感想

 第一話で「あ」っと驚く展開につぐ、驚きの設定にとても引き込まれました。絵も綺麗でとても見やすく期待していました。

 第二話では、綺麗な説明回でしたね。過去の情報から「宇宙の卵」は後天的に手に入れたものだと分かったので、今後奪われてしまうってのありえるかもしれないですね。カルキも「宇宙の卵」の能力があるのか、ないのか気になりますね。

 それから、宇宙の卵が聖なる秘宝っていうと邪な秘宝とかあるのかな、って考えたりできるので攻撃系の最強の秘宝とでてくるのも考えられますしね。

 あとは、ミムラの真意とか文では分かりにくいですが、絵の表情などから、なにかしら邪な考えありそうですね。

 なによりカルキの心理描写がないので、クリスの思い通りに行くのかは次回以降のカルキの性格や考え方にかなり影響されるんじゃないでしょうか。

 第3話に期待です。

 

「終極のエンゲージ」第3話ネタバレはこちらをどうぞ

netabarejunp.hatenablog.com