読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料で読める漫画ネタバレと考察ブログ

無料で連載している漫画のネタバレや感想、考察などするブログです。

「オニマダラ」第25話(最終話)ネタバレ感想、見事な打ち切り回!!!

「オニマダラ」第25話(最終話)ネタバレ

f:id:netabarejunp:20170324005944p:plain

簡単なあらすじと、第24話のネタバレ

netabarejunp.hatenablog.com

 

「オニマダラ」第25話(最終話)のネタバレ

 アダムが黒類化した朧の攻撃を指一本で止める。すかさず腕を切り落とし、アダムの全てを無に帰す能力に対抗する朧。黒類化した朧は、頭以外なら即再生できるようになっていた。朧は攻撃しては体を切り離し、体の再生を繰り返しながら善戦する。

 

 朧は、アダムに自分より格上ならばこの攻撃を受け止めてみろと挑発をする。そして、全開全力死力のすべてを込めた「鬼斬!!」をアダムへ放つ。アダムは、当然のようにそれを受け止める。しかし、想像以上の威力にアダムは消滅してしまいます。

 

 アダムを倒した朧を褒めるワルキュレル。そして、アダムが死の間際八つに分断して逃亡したこと、アダムの能力は触れたものを塵にして体に一時的に取り込む能力であり、体の分断によって取り込まれたものが解放されたことを伝えられます。次の瞬間、メイリィが潤葉やアーサーなど仲間をつれて朧のところへ戻ってきます。

 

 そして、朧は笑いながら「オレ達の戦いはここからだ!!!」と宣言して幕引きです。

 

「オニマダラ」第25話 感想

 「オニマダラ」は典型的なジャンプの漫画でした。少年ジャンプをずっと大好きだった自分には大好物な漫画だったと思います。贔屓が過ぎるかもしれませんが、話をもう少し練り込んでいれば、人気が出ていたと思いたいです。

 

 ジャンプは昔から「努力」「友情」「勝利」というのがテーマにあれば、だいたい面白い漫画だったと思います。そういう意味では展開が早すぎた気もします。「友情」は朧の性格や行動から感じられましたし、「勝利」は朧の爽快な勝ちっぷりに見て取れました。

 

 しかし「努力」の修行回が中途半端でした。基本、朧の修行は強い意志を見せたら超越性を授かったという形ですし、黒類化で強くなるとか、気持ちが高ぶって強くなるというのはあまり「努力」を感じられなかったですね。

 

 どこから、人気を取るための無理な展開をし始めてしまったのかはわかりませんが、もっとどっしりとしたストーリーを見たかったです。キャラクターの戦う理由が結構考えられていたはずだと思いますが、朧とメイリィ以外は使い捨てキャラになってしまったと思います。

 

 一番の残念なのは、使い捨てキャラの扱いです。使い捨てにするならもっとキャラを立たせないとダメだと思いました。メイリィは二話でキャラが立っていたので死んだ時はびっくりしました。しかし、その他のキャラは出てきてすぐに死んでしまうので、びっくりする間もありませんでした。そして最悪なのは、使い捨てキャラを、生き返らせて再利用したことですね。あれは、読んでてつまらなくなったと感じる場面でした。

 

 それでも、いままで少年ジャンプ+に連載されていた漫画の中では、少年ジャンプらしい漫画でした。最近こういうバトル漫画は人気がでないのか連載されては打ち切られる傾向にあると思います。それでも黒谷シュウジ先生には、これからもジャンプらしい漫画を書き続けてもらいたいです。

 

 これからの黒谷シュウジ先生に期待です。